Exhibition at 清光院下のギャラリー, Shimane
2018. 9. 23 SUN. – 9. 30 SUN.

 

9回目を迎える今年のひびきあうものは、「intimacy(親密)」がテーマです。Intimacyという言葉には、特別な人や、動植物、鉱物、物や空間との関係が、とても個人的かつ密やかであるということを表わす言葉であり、同時に「愛しさ」という意味も含まれています。この温かく蜜な心情を持てると、とても満ち足りた気持ちになれます。今回のひびきあうものでは、八木夕菜さんのアート作品を中心に、アートとクラフト、商品と作品というカテゴリーを超えて、観る人が自由に目の前の物と向き合い、それらが持つ真価や真意を、情報の枠の中ではなく、その場で個人的に感じ、対話してもらう場となることを心がけました。そのための特別な空間として、第1回目から会場である清光院下のギャラリーと、さらにもう1箇所、個人宅でありながら、自分たちが満足できる用の美の物が並んだ店として生まれ変わったHOME SWEET HOMEという2つの会場で行います。どうぞ、それぞれの作品があなただけに打ち明ける確かで密やかな真価を見つけにお出かけください。

 

“ひびきあうもの vol.9”
会  期:2018年9月23(日)-9月30日(日) 会期中無休
開館時間:11:00-18:00(最終日は16:00まで)
会  場:清光院下のギャラリー (島根県松江市外中原町198-1)
U R L:www.hibikiaumono.jp/