八木夕菜 写真展
“Landscape of Kishira”

-縄文時代から照葉樹林原始林が残る岸良の風景-
A primeval laurel forest from the Jomon period.

八木夕菜 写真展 “Landscape of Kishira” を、京都 MOGANAにて開催致します。KYOTOGRAPHIE サテライトイベント「KG+2020」選出作品となります。

Landscape of Kishira

遥か昔、2000万年前に大陸から分裂して誕生した、5つの孤島からなる列島。それが、私たちが住まう日本列島だ。南北に長い地形は独特な風土を生み、長い年月をかけて豊かな植生を育んできた。広い世界のなかで見ても、日本は生育する約7,500種の植生のうち、特定の地域でしか育たない固有種が約2,700種にのぼるという稀有な島国。しかし、個性的な植生の多くが、ひっそりと消えていく危機にさらされている。

2018年に私が訪れた鹿児島県肝付町岸良(きもつきちょう きしら)は大隅半島の東部に位置し、内之浦宇宙観測所(JAXA)があることで有名なところである。同時に縄文時代からの照葉樹林原始林が残っている貴重な地域だ。

温暖湿潤地帯にひろがる照葉樹林原始の森や海に神の存在を感じた。

岸良の風景はまさに縄文と宇宙が繋がる現代日本の故郷ではないだろうか。

“Landscape of Kishira”
A primeval laurel forest from the Jomon period.

Twenty million years ago, an archipelago consisting of five main islands split from the continent, to become Japan – where we live today. With a territory going from the Sea of Okhotsk to the Philippine Sea in the Pacific Ocean, Japan has a significant diverse climate and has a rich biota a significant diversity in the flora:
Of about 7,500 plant species, about 2,700 are endemic to Japan.

However, a lot of this unique vegetation is at risk and is silently disappearing.

I visited Kimotsuki – Kishira, in 2018. Located in the Eastern part of the Osumi Peninsula in Kagoshima Prefecture, it is famous for hosting the Uchinoura Space Observatory (JAXA). It is also a precious area where a primeval laurel forest has remained since the Jomon period.

There, I felt the presence of a god, spreading over the warm and humid zone in between the forest and the sea. I also felt that the scenery of Kishira may be the birth place of contemporary Japan, connecting Jomon and the universe.

Yuna Yagi Photography Exhibition
“Landscape of Kishira”

日程|9月19日(土)〜10月18日(日)
時間|10:00-1800
会場|MOGANA
〒604-8276 京都市中京区小川通御池通下る壺屋町450
Tel. 075-606-5281    https://yadomogana.com/
主催|KG+実行委員
協力|EUDITION / FLAT LABO

展示期間中にトークイベントを企画しています。
随時追記していきますので、SNSのフォローをお願いします。
FACEBOOK|YUNA YAGI https://www.facebook.com/artistYUNAYAGI
INSTAGRAM|@yunayagi