Collapsing World / 崩れゆく世界

KG+
Kyotographie / 京都国際写真祭 2016
Exhibition at ozasahayashi_kyoto gallery
April 9th – 30th 2016

世の中は時代と共に歪み、崩れていく。
資本主義社会の行き着く先は、私たちひとりひとりのいのち、そして地球環境を大切にしてくれているだろうか。

「崩れゆく世界」シリーズでは、アルゴリズムを写真に当てはめ、画像を歪ませることによって、写真に新たな次元の時間軸を加わえている。

写真は現在起こった現実を捉えるが、ここでは写真が未来を示唆する。現実を超現実にするかのように。歪んだ写真は、現代社会の歪んだ意識が露になって映し出しているかのようだ。

展示インスタレーションでは、アクリル額の中に水を入れて展示をした。「水」は、歪んだ意識や崩れゆく世界を浄化することを意味する。全ては永遠の宇宙の循環の中であるように。

ある程度の水量を入れることで光の屈折効果が起き、写真が水面に浮いて見えたり、水面のゆらめきで歪んでいるかのように鑑賞者に錯覚を与える。視覚に違和感を与えることで、視覚によって生じるズレを鑑賞者が自身の中で直してくれることを狙った作品。

The world are collapsing with our distorted life style and thoughs. What if when shooting the photograph capture our surreal world or the image refrects our minds and thoughts?

In the collapsing world series, using mainly photo- graphs of architecture, flowers and trees, and land- scapes, and human to destort the image by using algo- rithm which is researched as a method of designing and fabrication of architecture.

By applying this formula of algorithm, the photograph image projects a new dimension ot time. Distortion is a time of the layer that covers the picture which was taken in the past suggest the future as if to make reality surreal.

I use water for the exhibition installation. The picture seems to float on the water surface due to the refrac- tion of light, making the picture an illusion as if it is distorted by the flickering of the water surface. By giving a sense of incompatibility to the eyes, I aimed the viewer to fix in the inside of him/herself the gaps caused by the vision.

Water means to purify distorted consciousness and the collapsing world. Everything is in the circle of the eternal universe.

*Algorithmic program by Micheal Casey Rhem

print size: 515mm x 365mm
Digital C-print
Aclyic frame: 525mm x 375mm x 80mm
Water