EARTHSCAPE (2019)

Exhibition “EARTHSCAPE”
Research Project by TERUHIRO YANAGIHARA and OKURAYAMA STUDIO

大蔵山スタジオがスタートさせたデザイナー・柳原照弘とのリサーチプロジェクトに、2019年10月18日ー27日に開催されたDESIGNART2019 東京・代官山会場のひとつ、KASHIYAMA DAIKANYAMA 1Fギャラリーにて、その序章となる展示に八木夕菜がアーティストとして参加。

『石を眺めていると、宇宙を感じずにはいられない。

なんだかとても愛おしく尊い気持ちになる。

大蔵山へ訪れた時、私はその答えを見つけたように感じた。


「石は生きている。」

そう、大地が教えてくれているようだった。


石は変容しながら、地球と共に何万年、何億年も一緒に生きてきたのだ。

その石は、宇宙の景色を見せてくれているのではないか。

私は、石に耳を傾けるようにシャッターを切った。』

八木夕菜
会場全体

『柳原は、敬愛するイサム・ノグチが晩年好んで使った伊達冠石の採石場と工房を持つ大蔵山スタジオを訪れ、リサーチワークを行いました。ひとつとして同じ表情のない伊達冠石と、その魅力を生み出した大地の動きのダイナミズム。山と石、石と人の関係を紡いできた大蔵山の物語をすくい取るように、柳原は原石を選びました。本展に特別参加したアーティスト・フォトグラファーの八木夕菜も柳原とともに山を歩き、100年近い歴史を持つ採石場の大地や風土と、原石の関係性を捉えています。両者の作品が呼応し、伊達冠石の背景にある目に見えない力と物語の一端を感じていただくインスタレーションにご期待ください。』
– DMより

「DESIGNART」(デザイナート)は、さまざまなジャンルの垣根を超えて、デザインとアートを横断するモノやコトの素晴らしさを発信、共有してゆく活動です。“東京の街全体がミュージアムになる10日間”

Photo: Kenta Hasegawa