日々、撮影した写真をパソコンに取り込んではプリントし繰り返している中で、ふと、単純に写真は拡大と縮小の行き来が出来るメディアだということに気づいた。

イームズのPower of Tenのように、私たちの細胞と宇宙は同じだということを視覚的に知った。拡大し続けてみると、存在する全ての物質は原子であり、別のものだと思っていたものは実は同じ原子で出来ているということに気がつく。すると、隔たりがあると思っていたモノとモノとの間の領域がなくなる。存在する全てのものはひとつなのだと。

この作品はそんな考えから生まれた。
一枚の写真を1050mm x 1545mmにプリントし、10mm x 10mmの正方形にトリミングした。地球の断片を持ち運べるように、分厚いアクリルに閉じ込めた作品。

 

Everyday I took photos taken on a PC and printed it. I suddenly noticed that the photo was a medium that could simply go back and forth between zooming in and out.

Like Eames’ Power of Ten, we visually learned that our cell and the universe are made the same. As keep zooming in, I notice that all the existing substances are atoms, and what I thought was actually different is made of the same atom. Then, the distance between the objects has no gap. We are made of all the same one.

This work was born out of that idea.

 

print size: 1050 x 1545mm
trimmed in 10 x 10mm
Archival pigment print
Aclyic block, aluminum,
*all unique pieces